個人事業主が税金を安くするコツ

個人事業主は法人化をすると、ある程度は税金の額を抑えることができるが、売上額が少ないうちはなかなか法人化に踏みきることはできないだろう。したがって個人のままで事業を営んでいる人は、税金の額の高さにうんざりしているはずである。

しかし、税金を安く済ませるコツはいろいろと見つけられるので、調べてみるといいだろう。
所得税と住民税の額は、青色申告をすることによって大幅に減らせることは最低限知っておこう。青色申告特別控除と言って、65万円の控除が適用されるので、結果として課税所得そのものが減って節税対策になるのである。翌年度から青色申告にするということを前もって税務署に言っておかなくてはならない点に注意が必要だが、基本的には誰でも使うことのできる控除になる。

他にも控除はいろいろとあって、年金や国民健康保険の掛け金もすべて控除に使えることは基礎知識として持っておくべきである。何が経費として算入できるのかも重要であるし、そうした知識がないと、数十万円も無駄な税金を支払うことになってしまう場合もある。ぜひとも税金の勉強をするなり、税理士に仕事を依頼するなり、税務署や役所に出向いて直接疑問点を解消しておくのが理想的だ。

頑張れば、数十万円もの得をすることができるので、勉強に日にちを費やす価値はあるはずだ。税金の知識は将来に渡ってもずっと必要になるものなので、できるだけ早いうちに理解しておくに越したことはない。