起業することのデメリットとメリット

個人事業主 IT系のデメリットは、プログラミングなどの実作業に集中できない点にある。営業活動も自分でやらないと、すぐに仕事が尽きてしまうのだ。仕事を切らさないように日常的に営業活動はし続けなくてはならない点がデメリットとして挙げられる。営業活動にも相当な時間と労力がかかるので、実作業を含めて人の倍働かなければまともな収入を確保することが難しくなるわけだ。この点が一人でやるときには大きな壁になる。

ただ、個人なので上手く仕事をこなすことができれば、利益も独り占めすることができる点は素晴らしいメリットだと言える。最近は営業代行会社が多数登場してきているので、そういった会社を利用して仕事を取ってきてもらうのも賢い方法ではある。営業活動さえ他人に任せられれば、自分は実作業に集中して業務効率を一気に倍程度まで上げることができるのだ。個人事業主は自分のやりたい仕事を選んでいける上、利益をすべて自分一人で受け取ることができる。

さらに言えば、労働時間を他人に決められることもないのが素晴らしい。自宅から一歩も出ずに仕事を進めていけるので、ストレスフリーな働き方もできるのが魅力的である。インターネットの登場によって、個人でも仕事がやりやすくなったため、若い人たちの中には個人で好きに働いていく生き方を選ぶ人が多くなっている。仕事は最低限にセーブしておいて、趣味により多くの時間を注ぎ込むライフスタイルも認められ始めているのだ。