独立して成功するには

個人事業主とは、別名フリーで働くフリーランサーである。近年若年層を中心に急速に広まりつつある職業形態の一種だ。また、30代40代以降の、豊富なキャリアを背景に独立する者も多く含まれる。個人で働いていくことを決めた以上は、生き残っていくために確実に収入を上げ、利益を出さなくてはならない。契約書などの書類の管理はもちろんのこと、体が資本の商売なので、病気や怪我にも常に気をつける必要がある。そのため、自己管理のできない人がフリーランスとして働くことは難しい。

個人事業主として成功している人の多くは、コミュニケーション能力が高い。フリーで活動する人は一人でバリバリ仕事をしているイメージが強いかもしれないが、実は横や縦の繋がりが次の仕事へと繋がっている場合が多い。ホームパーティーを開催したり、誘いを受けたら断らずに付き合いをよくするなど、様々な出会いを大切にするのが、事業を成功させるコツであり近道である。

しかし、対人関係が苦手な人が個人事業主に向いていないわけではない。IT関連をはじめとする、パソコン一つで事業が展開できる今日においては、自己の能力だけでキャリアが広がる場合も多くあるのだ。そのようなタイプは、常にスキルとセンスを磨き、新しいものをクリエイトする努力を怠らないことが成功の秘訣だろう。職種や個人の性格あるいは能力にもよるが、総じて個人事業主として成功させるコツは、自己管理能力と行動力が大切だと言える。